奇石博物館 副館長 北垣 俊明

Pocket

Face to Face Talk[フェイストゥフェイス トーク]

 

vol.141

石のワンダーランド

奇石博物館 副館長 北垣 俊明

 石の上にも3年というが、3年どころかすでに50年以上も石の世界に魅せられている人物がいる。富士宮市山宮にある奇石博物館の副館長で学芸員の北垣俊明(きたがき としあき)さんは応用地学を学び、鉱山の奥深くから恐竜の化石の発掘現場まで、国内外における石の最前線を知る専門家だ。その一方で、北垣さんらが手がける奇石博物館の展示や解説は、決して難解なものでもない。宝石・化石・隕石をはじめ、グニャグニャと曲がる『こんにゃく石』や、下に書かれた文字が浮き出して見える『テレビ石』など、老若男女を問わず目を引く石の数々とユニークな展示は直感的な楽しさに溢れている。「常に発展途上の博物館でありたい」と目を輝かせる北垣さん自身、今も発展途上の「石ころ少年」のままなのだと気づくまでに、さほど時間はかからなかった。

Face to Face Talk vol.141-1

 

奇石博物館は当然ながら、奇石の博物館なのだと思いますが、そもそも「奇石」の定義とは?

 「たしかに耳慣れない言葉ですからね。私が言うのも変ですが、奇石博物館という名前自体、ちょっと怪しいですよね(笑)。以前はよく、『子どもに見せても大丈夫な場所ですか?』という問い合わせがありましたが、大丈夫です、秘宝館ではありません(笑)。奇石とは文字通り奇妙な石のことですが、この言葉には由来があります。江戸時代の博物学者・木内石亭(きのうちせきてい)が著した石の専門書『雲根志(うんこんし)』の中で使われた言葉で、この書籍の発行によって庶民たちの間では石ブームが起きたそうです。石亭は石の愛好家を集めた『奇石会』という組織を立ち上げ、その会合の席では石以外の話はしてはいけないという決まりだったそうですから、かなりの石オタクですよね。彼が素晴らしいのは学者としての見識に加えて、あくまでも素人の感覚や第一印象を尊重している点です。中に餡が入っているように見える石を『饅頭石(まんじゅういし)』、オパール化した巻き貝の化石を月の糞に見立てて『月のお下がり』と名付けるなど、見た目の不思議さ、面白さをそのまま名称化して、分類しているんです。現代の学術的な立場から見れば邪道なのかもしれませんが、特に子どもたちが自然科学への関心を持つきっかけとして、これはとても大切な視点だと思います。『奇石』を前面に打ち出す当館としては、珍しい、不思議、大きい、柔らかい、何かに似ているなど、素直な感動や好奇心を育み、共有できる博物館を目指しています。」

Face to Face Talk vol.141-6

江戸時代に石ブームを起こした木内石亭の『雲根志』

 

博物館が建設された経緯は?

 「当館は1971年に日本初の石の総合博物館としてオープンしました。社会教育家で初代館長でもある植本十一(うえもとじゅういち)が岐阜県の山中で『龍眼石(りゅうがんせき)』と呼ばれる黒光りした丸い石を発見したことをきっかけに、この石を鑑定した鉱物界の権威・益富寿之助(ますとみかずのすけ)博士の協力を得て建設されました。自然界の感動を広く伝えるとともに、同じ年に朝霧高原で開催されたボーイスカウトの大会『世界ジャンボリー』に合わせて、この地を訪れる各国の子どもたちに学びの場を提供したいという思いも込められていました。現在、石の収蔵数は1万7千点以上で、中には江戸時代のものや、まだ未鑑定で名前がついていない標本もあります。また、全国各地の博物館や研究機関と提携した石の貸し出しや地学の普及にも取り組んでいます。一般向けの展示内容としては、スタッフによる解説コーナーをはじめ、世界中から集められたさまざまな石の常設展示、独自のテーマと切り口で石の世界を紹介する企画展などがあります。最近の展示替えではアニメ化もされた市川春子さん原作の漫画『宝石の国』をテーマに、作品に登場する宝石や鉱物をまとめて紹介したところ、作品のファンの皆さんを中心に大反響がありました。また現在(2018.11.25まで)開催中の企画展『ゲームに出てくる石たち』では、いろんなゲームの中に登場する石と実際の石を比較しながら鑑賞することができます。あえて石以外の要素と絡めることで、それまで興味を持っていなかった人にも石の世界を知ってもらおうという狙いがあります。展示は『1ケース1テーマ1ストーリー』という形で2〜3ヵ月ごとに入れ替えていて、当館はリピーターが多いこともあり、いつでも新鮮な展示が見られるように心がけています。各テーマのもとに構成されているため、同じケースに化石と隕石と宝石が一緒に入っているということもありますが、これは一般的な博物館ではありえないことで、当館ならではの手法といえます。」

Face to Face Talk vol.141-5

博物館建設のきっかけとなった『龍眼石』

 

館内での展示以外にも、さまざまな参加型プログラムがあるそうですね。

 「メインとなるのは、敷地内にある『宝石わくわく広場』で週末や大型連休などに開催している宝石探し体験で、ゴールデンウィークや夏休み期間中は家族連れを中心に賑わっています。水槽の砂利の中から40種類以上の宝石を探して、見つけた宝石は持ち帰ることができるのですが、服を濡らしながら時間を忘れて宝石探しに熱中する子どもたちの姿は真剣そのものです。むしろ付き添いの大人の方がいつの間にか夢中になっていることも珍しくありませんが(笑)。その他の事業としては、自然観察会や体験教室といった参加者募集型のイベントも定期的に開催しています。また、富士・富士宮市内の小中学校での出前授業や、高校生を対象としたサイエンスセミナー、秋には科学やアートに関するワークショップや飲食ブースなどを集めた『わくわく収穫感謝祭』という地域交流イベントも開催しています。展示の要となる石の収集についてもアンテナを高く張っていて、気になるニュースがあれば、すぐに関係先に連絡して入手できないか交渉します。たとえば、過去の落雷で一部が壊れた国会議事堂の外壁に使われていた御影石や、東日本大震災で倒壊した茨城県・鹿島神宮の稲田石で造られた大鳥居の一部なども、当館に収蔵されています。災害や防災をテーマにした展示の際、目に見える素材があると説得力が増して、関心も湧きますよね。ちなみに最近気になっているのは、古代エジプトのツタンカーメン王の棺に入っていた剣が今も錆びることなく残っているという話題です。3千年以上前のものですが、どうやら近くに落ちた鉄質隕石で作られているらしいんです。当時の人々が錆びない物質だと知っていたのかどうかは分かりませんが、なぜ隕石を使って、どのようにして王の剣を作ったのか、想像するだけでワクワクしませんか?」

 

Face to Face Talk vol.141-2

道端の石ころから
地球の歴史が見えてくる

 

北垣さんご自身と石との出会いは?

 「50年以上前まで遡ります。小さな頃はいわゆる昆虫少年で、虫を捕まえて観察するのが大好きでした。通っていた幼稚園の近くに鳥取県立博物館があって、そこに毎日のように足を運んでいたことで自然科学全般に興味を持つようになりました。石との出会いとしては、当時近所に住んでいた中学生の男の子の存在が大きいです。その子も石が好きで、年の離れた幼い私にいろんなことを教えてくれました。彼の家にはお父さんが集めたという珍しい石がたくさんあって、そのコレクションを見せてもらった時、石の世界はなんて面白いんだろうと衝撃を受けました。それともう一つ、私のルーツになっているのが水晶との出会いです。同じく幼稚園の頃、自宅近くの河川敷で見つけた大人の拳くらいの大きさの石に穴が開いていて、その空洞の中にコロコロと転がる小さな水晶が入っていたんです。ただ、中の水晶は見えているのに、穴が小さくて石を振っても出てこないんです。その時に感じた自然界の不思議さや石の持つパワーのようなものは、今でもはっきりと覚えています。ちなみに、水晶が入ったその石は家に持って帰ったはずなんですが、その後行方不明なんです。外見はただの石なので、もしかすると庭で父が育てていた盆栽の一部になっているのかもしれません(笑)。」

Face to Face Talk vol.141-3

プライベートでも富士川の支流へ砂金採りに出かけるほどの石マニア

 

幼い頃の感動や興味をずっと変わらず育んできたというのが素晴らしいですね。

 「それ以降はずっと石ひと筋で、進路を決める際も鉱物鉱床学を学べる大学を選びました。大学卒業後は6年間ほど研究室に残って、教授の手伝いをしたり学生に教えたりしていましたが、そんな中、奇石博物館が学芸員を募集していることを知りました。それまでこの地域との直接的な関わりはなかったのですが、望んでいた『石』と『博物館』の両方を備えた仕事で、迷うことなく応募しました。ただ、大学での日々も有意義なもので、自らの研究を深めることができましたし、子どもたちに自然科学の魅力を伝えるという今の仕事にも役立つ貴重な経験でした。私にとっての石、特に鉱物の魅力は、自然の産物でありながらどこか無機的な美しさの中に計算され尽くした幾何学性を持つ、人智を超えた結晶だという点です。たとえば、好きな石の一つでもある『夫婦(めおと)水晶』は二つの水晶がハート型に結合した日本式双晶(そうしょう)と呼ばれるもので、お互いの中心軸のなす角度がどれも必ず84度33分になっています。また、石にはとてつもなく長い時間をかけて生成されるものや、化石や隕石など天文学的な偶然によって現代の地球にその姿を現わすものもあり、それぞれに奥行きのあるロマンを感じます。」

Face to Face Talk vol.141-7

ハート型の『夫婦水晶』は北垣さんお気に入りの石

 

石から見える世界はどこまでも広く深いのですね。

 「石の世界の広さや深さ、面白さを普及する上で大切になるのが、まさに私たちが提唱している『奇石』的な視点で、人それぞれの奇石があっていいんです。当館では毎年6月初旬に富士川で『河原の石ころ観察会』というイベントを開催していますが、河原に転がる石や富士火山溶岩流を観察する子どもたちには、あえて岩石名を教えないようにしています。見た目や手触りを頼りに、まずは子どもたち自身で石に名前をつけてもらいます。黒い斑点のある花崗岩(かこうがん)なら『ごましおにぎり石』といった感じです。これをフィールドネームと呼んでいますが、そこで『面白い!なぜ?もっと知りたい!』と感じてもらえれば、その石の正式名称や学術的な情報を知る機会は、後からいくらでもあります。自由な感性で石と向き合いながら、自ら考えるという過程が重要で、そこでの感動や発見の一つ一つが、自然科学への芽生えなんです。私たちはこれからもさまざまな企画や展示を通じて、多くの人々を石の世界、自然科学の世界へと誘い、導いていく活動を続けていきたいと考えています。」

Face to Face Talk vol.141-8

アメリカ・ワイオミング州で恐竜発掘調査中の北垣さん

 

Title&Creative Direction/Daisuke Hoshino
Text&Photography/Kohei Handa


Face to Face Talk vol.141-4

 

北垣 俊明

奇石博物館 副館長/学芸員

1961(昭和36)年9月16日生まれ
鳥取県鳥取市出身・富士宮市在住

 

 


きたがき・としあき/日本大学文理学部で応用地学を専攻し、卒業後は6年間同大学に残り、副手を務める。1990年より奇石博物館に勤務。その後、学芸員となり、副館長として現在に至る。豊富な知識と経験に基づいた館内解説は好評で、この他にも地元の小中学校で年間50〜100時間の出前授業や各種ワークショップ、広報担当などを務め、石の世界の魅力を発信し続けている。


 

奇石博物館

http://www.kiseki-jp.com/
所在地:富士宮市山宮3670
TEL:0544-58-3830
開館時間:9:00〜17:00 (入館受付16:30まで)
休館日:水曜 (祝日の場合は翌日)・年末約1週間 (2018年7/20〜8/31は無休)
入館料:大人700円 /小・中・高 300円


宝石探し体験
入場料(30分):500円
開催日:土日祝日 (2018年7/20〜8/31は毎日開催)

Face to Face Talk vol.141-9

大人もつい夢中になる宝石探し体験


特別イベント 集まれ!恐竜大好き少年少女!!!

最先端の恐竜学を踏まえ、恐竜の進化や鳥類との関係などを小学生にもわかる内容で講演し、失われたものを探す楽しさを伝えます。恐竜クラフトで作るワークショップも同時開催。(雨天決行)

(1)2018年8月24日(金)13:30~15:30
(2)2018年8月25日(土)10:00~12:00

参加無料
会場:奇石博物館 研究学習棟2階教室
講師:国立科学博物館 分子生物多様性研究資料センター 真鍋 真 博士
対象:小学生
定員:各回25名 (定員になり次第締切り)
持ち物:特になし
申込方法:実施日の3日前までに電話にて事前予約

 

Pocket