富士・オーシャンサイド友好協会 会長 清水 小波

Pocket

Face to Face Talk[フェイストゥフェイス トーク]

 

vol.142

海辺の街に吹く風

富士・オーシャンサイド友好協会 会長 清水 小波

 この海のはるか対岸に私たちの「姉妹」がいる。青い空と海、カリフォルニアの太陽に抱かれたアメリカ合衆国オーシャンサイド市と富士市は1991年、姉妹都市提携に調印し、四半世紀にわたって友好交流が進められてきた。そして近年、富士市との協働によりこの事業に新たな活気をもたらしているのが、市民有志によって結成された『富士・オーシャンサイド友好協会』だ。会長の清水小波(しみず さなみ)さんは自らもオーシャンサイドで暮らした経験を持ち、両市の魅力を肌で知るキーパーソンでもある。同会が目指すのは、市民レベルでお互いに顔を合わせ、心で触れ合い、学び合えるためのチャンネルづくり。姉妹都市という肩書や単発的な国際交流イベントだけで満足することなく、たしかなパートナーの存在を感じながら築き上げていく関係性は、きっと両市民共有の財産になっていくだろう。

Face to Face Talk vol.142-1

 

まずは富士・オーシャンサイド友好協会の活動について教えてください。

 「英語圏との交流を求める市民の声を受けて27年前に姉妹都市となった富士市とオーシャンサイド市ですが、私たちは両市の親善交流や相互理解に関するお手伝いをしています。以前からボランティアとして個別に活動していて、さまざまな要望に沿ってオーシャンサイド側の窓口との交渉などにも対応してきましたが、組織化してはどうかという周囲の意見を受けて、6年前に任意団体として発足しました。当時は富士市の国際交流関係の予算が少なく、一般市民を募ってオーシャンサイドを訪問する『富士市民友好の翼』も休止中で、せっかくの姉妹都市を活用しているとは言いがたい状況でした。そんな中、一昨年から協働という形で私たちが富士市の事業に直接関わることになりました。やるからには真剣に、できることから積極的に取り組んでいこうというのがモットーです。結果として、中断していた訪問事業は『富士市少年親善使節団』として復活させることができました。また再開後の参加希望者は年々増えていて、今年は募集定員の倍以上の申し込みがありました。今回は7月末から6泊8日の日程で富士市内在住・在学の15名の中高生がオーシャンサイドを訪れて、ホームステイファミリーと生活をともにしながら、現地にあるミラコスタ大学での授業体験や市長への表敬訪問、約6キロに及ぶロングビーチの散策などを行いました。参加した若者たちはこの経験をそれぞれの形で、今後の進路や人生で活かしてくれることでしょう。また旅費の一部は市からの補助を受けていることもあり、研修後の報告・意見交換会は必ず開催しています。彼らが現地で見て学んで考えたことを市民の皆さんに還元することが大切で、そこからさらに次の世代の関心や、国際交流に対する市民の意識が高まることを期待しています。」

 

Face to Face Talk vol.142-2

©Visit Oceanside

 

清水さんご自身が国際交流に興味を持ったきっかけは?

 「幼い頃からなんとなく、海外の異文化に関心がありました。一時期ブラジルに住んでいた親戚のおじさんがパイプをくわえて現れたのを見て衝撃を受けたことや、アメリカで牧場を経営していた別の親戚にいろいろな話を聞かせてもらったことをよく覚えています。ただ、学生時代は留学したいという夢を持ちつつ、実現できないまま過ごしました。『晴れ着も礼服もいらないから海外留学がしてみたい』と親に言ったこともあるんですが、その先の一歩が踏み出せなかった。意気地がなかったんですね。そんな消化不良を心の隅に抱えたまま家庭を持って、子育てに追われて、ようやく国際交流に関わるようになったのは30歳前後からでした。その頃はまだ富士市に国際交流を扱う機関がなく、県の国際交流協会の活動にボランティアとして参加するようになりました。各国の料理を作ったりダンスを観たりといった手軽なものから始めて、来日した外国人のホームステイの受け入れなども経験しました。時には全米自動車労連の書記長やインド・ベンガル地方の高官など、要人と呼ばれるような方々が我が家に宿泊することもありました。当時は英語を話せなかったので、生活に必要な言葉を手のひらに書いて、その場しのぎで対応するんですが、せっかく覚えた言葉もそのゲストが帰ったらすぐに忘れてしまうんですよね(笑)。最大級のおもてなしをしなくてはと張り切りすぎて、ご近所さんまで巻き込んで盛大なちらし寿司パーティーを開いたら、酢飯が苦手でゲストにはひと口しか食べてもらえなかったというような失敗もたくさんしましたが、すべてが貴重な経験で、私にとっては今の活動につながる栄養になっています。」

 

そのような経験があったとはいえ、40歳を過ぎてからオーシャンサイドに移り住んだ行動力には驚きです。

 「その後富士市にも商工会議所内に国際交流協会ができて、そこでボランティア活動を続ける中で、学生時代に果たせなかった英語圏で暮らしてみたいという夢が再び膨らんでいきました。そんな時ふと、『富士にはオーシャンサイドという姉妹都市があるんだから、このつながりを活用しないなんてもったいない!』って思ったんです。国際交流協会を通じて現地在住の日本人の方を紹介してもらえたこともあって、意を決して2年間オーシャンサイドに住んでみることにしました。とはいえ、もちろんそれは簡単なことではありません。3人の子どもたちのこと、仕事のこと、現地での生活のことなど、何から手をつけていいか分からない状況からのスタートでしたが、家族会議を重ねて、いろんな人に何度も相談して、必死に貯金をして、最初に思い立ってから2年がかりでようやく実現しました。振り返ってみると、我ながら大胆なことをしたなと思いますが、その時は『やるなら今しかない、体力的にも精神的にも、今やらなければもう一生チャンスは来ない』という思いしかなくて、それが原動力になっていました。まさに大海原に漕ぎ出すヨットのように、ずっと待ち望んでいた追い風を背中いっぱいに受けている、そんな不思議な感覚でした。」

 

Face to Face Talk vol.142-3

心の帆に満風を受け、流れるままに

©Visit Oceanside 

 

実際に暮らしてみたオーシャンサイドの印象は?

 「アメリカ西海岸のロサンゼルスとサンディエゴの中間に位置するオーシャンサイドは南カリフォルニアを象徴するような美しいビーチタウンで、息を飲むほど青く高い空に感動したのが最初の印象でした。海にはオットセイやペリカンが心地良さそうに戯れる、温暖で爽やかな気候が最大の魅力です。気候の良さでは全国屈指の富士市で生まれ育った私がそう感じるのだから、間違いありません(笑)。文化や考え方の面では日本と異なる部分がたくさんあって、日常生活での驚きや発見は毎日数え切れないほどありましたが、どこへ行っても人情味のある風土には強く惹かれました。人々は陽気で、街のあちこちでジョークが飛び交っています。人種や言語も多様な環境では、ジョークやボディランゲージがコミュニケーションの潤滑油になっているんですね。オーシャンサイド行きに合わせて、地方紙の富士ニュースで定期的にコラムを寄稿させていただくことになっていたので、滞在中はその取材も兼ねて自分が関心を持った場所をたくさん訪れました。大学や福祉施設、社会奉仕団体、警察の国境パトロールの現場など、まるで特派員のように忙しく充実した、あっという間の2年間でした。」

 

小学生だったお子さんもオーシャンサイドに同行したそうですね。

 「当時高校生の長女と中学生の長男は日本に残って、小学6年生の次女は本人の希望もあって連れて行きました。そこで困ったのは言葉です。私も最初は苦労しましたが、ひと月くらいで耳が慣れてきて、帰国する頃には寝ている間も英語で夢を見るようになっていました。生活上の必要に迫られると不思議なくらい身につくんですね。ただ、今でこそ笑い話ですが、渡航準備中はあまりにも忙しくて、連れていく娘に英語を教えるのをうっかり忘れていたんです(笑)。現地の子どもが通う一般の中学校に編入した娘は、最初の頃は何も聞き取れず真っ青になっていました。慌てて日系のスーパーで辞書を買ってきて、宿題をやるにも私と二人で夜中まで悪戦苦闘していましたが、学校側が見かねて3日間だけ通訳ボランティアをつけてくれたんです。そこで初めて娘のホッとした表情が見られました。いつ嫌になって日本に帰りたいと泣き出すかと思っていましたが、けっきょく最後まで泣き言は言わず、むしろ日本にいた頃は無口なタイプだった娘がどんどん社交的になっていきました。これも陽気なオーシャンサイドの気質のおかげかもしれません。最初はお手上げだった英語も、そのうち私の方が娘に『今、あの人なんて言ってたの?』と聞くほどになっていました(笑)。次女は後にイギリスに留学して、帰国後の現在も大学院でビクトリア時代のイギリスにおける日本観の研究をしていますが、オーシャンサイドで過ごしたあの2年間は苦労もしたけど素晴らしい経験だった、本当に行ってよかったと言ってくれています。」

 

Face to Face Talk vol.142-4

オーシャンサイド在住時の清水さん親子

 

清水さん個人の体験も含めて、オーシャンサイドという姉妹都市があることの価値や今後の可能性は大いにありそうですね。

 「オーシャンサイドとの交流事業はまだまだ発展途上ですが、少年親善使節団の訪問だけではなく、現地の子どもたちとの手紙のやり取りや、不要になった本の贈呈など、市民レベルでの文化・教育・心の交流が活発になりつつあります。国際交流は英語を話せる人だけのものだと思われがちですが、そんなことはありません。20代から70代まで幅広い年齢の当会員の中には英語を話せない人もいますが、執筆・写真・デザインなど、それぞれの得意分野で活躍しています。私たちは今後もさまざまな形で両市にとって有益なつながりを模索していきたいと考えています。漠然とした国際交流ではなく、海の向こうに具体的な足がかりとなる『あちら側の港』があることの価値は計り知れません。若者同士の文化交流に加えて、親子や家族単位での訪問や観光だけではない体験型ツアーの実施、海外進出を目指す企業のビジネスマッチングなど、すでに要望やアイディアは出てきていますが、これらはすべてオーシャンサイドという好意的な相手がいて初めて成り立つことなんです。また私個人としても、浅く広くなりがちな国際交流活動の中にオーシャンサイドという大きな軸を持つことができたのは本当に幸せなことだと思っています。私の名前は国語教師で歌人でもあった祖父の命名で、明治の文学者・巌谷小波(いわや  さざなみ)から取って、『さなみ』と読むのですが、人生のいろんな波や障害を乗り越えながら生きてほしいという願いが込められていたそうです。私自身はこれまでの半生を、周りの皆さんに助けられながら、思いのまま、風の吹くままに流れてきた航海のようだと感じていますが、あらためて自分の名前を見ると、どれも海を連想させる文字なんですね。お互い海に面して向かい合う富士とオーシャンサイドの橋渡しは、私の使命なのかもしれません。」

Title&Creative Direction/Daisuke Hoshino
Text & Photography/Kohei Handa


Face to Face Talk vol.142-5

 

清水 小波

富士・オーシャンサイド友好協会 会長

1953(昭和28)年9月9日生まれ
富士市出身・在住

 

 


しみず・さなみ/幼い頃から海外の文化や国際交流に興味を持ち、30代から本格的に地域の国際交流活動にボランティアとして参加。一男二女の母として仕事と家事に励む日々を送る中で一念発起し、1997年8月より2年間、富士市と姉妹都市関係にあるアメリカ・カリフォルニア州オーシャンサイド市で暮らす。帰国後も両市の相互交流や多文化理解の活動に貢献し、2013年に『富士・オーシャンサイド友好協会』の前身である『富士・オーシャンサイド友好市民の会』を立ち上げる。現在は会長として組織を牽引しつつ、行政との協働、市民や企業から寄せられた要望を実現できる仕組みづくりにも奔走している。


 

 富士・オーシャンサイド友好協会

https://www.fuji-oceanside.com/


Face to Face Talk vol.142-72013年4月に『富士・オーシャンサイド友好市民の会』として発足。両市の市民レベルでの親善交流をはじめ、市民の国際感覚の醸成、在住外国人との親善、異文化理解への寄与などを目的に活動中。

富士市との協働により中高生がオーシャンサイドを訪れ学生市民交流を行う『富士市少年親善使節団』や、教育委員会の教育研究教員海外派遣事業のコーディネート、市民向け講座『大人のカジュアル英会話』の運営なども手がける。

年2回発行の会報『FOFA(ふぉーふぁ)』は富士市内の各まちづくりセンターなどの公共施設で入手可能。正会員は約20名(2018年8月現在)で、新規正会員(年会費3,000円)・サポーター(無料)は随時募集中。

お問い合わせは公式ウェブサイトかTEL:090-1824-0034  FAX:0545-33-0978まで。

Face to Face Talk vol.142-6

 

Pocket