「甫の一歩」とは

Pocket

甫の一歩

 

 

「甫(はじめ)の一歩」とは

富士・富士宮地区で能の世界を体験しながら学べるワークショップ『羽衣教室』を定期的に開催するなど、精力的な活動を行う宝生流能楽師・田崎甫(たざき・はじめ)さんによるコラムです。厳しい古典芸能の世界に身を置き、伝統の継承と新しいことへの挑戦を続ける日々を綴った文章の中には、一般人にはなかなか知る機会のない意外な事実やエピソードもちらほら。富士の麓で若き能楽師が踏み出す一歩一歩に、ぜひご注目ください。


宝生流能楽師 田崎甫

 

宝生流能楽師
田崎 甫(たざき はじめ)
 

 

 

1988年生まれ。6歳より叔父の能楽師・田崎隆三氏に師事し、東京藝術大学音楽学部邦楽科を卒業後は宝生流第二十代宗家・宝生和英氏の内弟子となる。修行に励む一方で、国内外での公演やワークショップにも参加し、富士・富士宮でも能楽体験講座を開催するなど、精力的な活動を展開中。

 

Pocket