カテゴリー:Face to Face Talk

「Face to Face Talk」とは

    「フェイス トゥ フェイス トーク」とは 富士地域(富士市・富士宮市)で活躍している人物、またはプロフェッショナルとして全国区で奮闘している同地域出身者を独自に取材。地元の文化活動を盛り上げな […]

続きを読む

奇石博物館 副館長 北垣 俊明

  vol.141 石のワンダーランド 奇石博物館 副館長 北垣 俊明  石の上にも3年というが、3年どころかすでに50年以上も石の世界に魅せられている人物がいる。富士宮市山宮にある奇石博物館の副館長で学芸員の […]

続きを読む

ソウタ カンボジア シルク オーナー 望月 颯太

  vol.140 富士発・カンボジア製グローバルブランド ソウタ カンボジア シルク オーナー 望月 颯太  その店内に一歩足を踏み入れると、清潔感のある爽やかな空気に包まれる。富士市交流プラザの向かいにある […]

続きを読む

静岡県富士山世界遺産センター 学芸課 准教授 大高 康正

  vol.139 山が映すは人の営み 静岡県富士山世界遺産センター 学芸課 准教授 大高 康正  ユネスコ世界文化遺産に登録された富士山を後世に伝えるための拠点施設として、昨年12月に富士宮市内にオープンした […]

続きを読む

菜桜助産所 代表 堀田 久美

  vol.138 ママたちのお母さん 菜桜助産所 代表 堀田 久美  60代の女性が通院する助産所がある。この事実に違和感を覚えた方は、ぜひ今回の記事を読んでもらいたい。富士市内唯一の有床助産所である『菜桜( […]

続きを読む

シンガーソングライター 笹倉 慎介

  vol.137 陽だまりに流れる時間 シンガーソングライター 笹倉 慎介  音楽には時代の気分が反映されるものだとすれば、ニューミュージックの黄金期ともいえる1970年代の邦楽は、どこかおおらかで温かみのあ […]

続きを読む

国際地域開発コーディネーター 安藤 智恵子

  vol.136 ゴリラが教えてくれた地域共生 国際地域開発コーディネーター 安藤 智恵子  「ゴリラの研究をしている女性が富士宮の商店街にいるらしい」。こんな情報を耳にして、興味が湧かないはずがない。富士山 […]

続きを読む

『Fujiことはじめ』代表 赤澤 佳子

  vol.135 まちの力をお皿にのせて 『Fujiことはじめ』代表 赤澤 佳子  高齢化や核家族化、通信手段の変化などが進み、共同体意識の希薄さが指摘されるようになって久しいが、さまざまな形で地域問題が顕在 […]

続きを読む

山大園 店主 渡辺 栄一

  vol.134 茶の心の伝道使 山大園 店主 渡辺 栄一  130年続く老舗お茶屋の店主が淹れる至福の三煎と、その最後の一滴=ベストドリップの妙味。山大園(やまだいえん)の4代目・渡辺栄一(えいいち)さんは […]

続きを読む

新朗読家/フリーアナウンサー 杉山 直

  vol.133 心が紡ぐ物語 新朗読家/フリーアナウンサー 杉山 直  本を“読まない”朗読――と表現すればいいだろうか。文豪たちが残した作品の一言一句を漏らさず暗唱し、照明や音響を […]

続きを読む