カテゴリー:連載

面白い特徴を持つ富士山

  第25回 面白い特徴を持つ富士山  富士山の開山期間も9月10日までということで、もう終わろうとしています。今年も多くの方が、日本中だけでなく、世界中から登山に来たのだろうと思います。私は富士登山をしたのは […]

続きを読む

夏の夜に舞う 薪能

  第4回 夏の夜に舞う 薪能  ジリジリと強く照りつける真夏の太陽は、例年にない酷暑をもたらしています。黒い服は光を吸収して熱を溜め込み、白い服は光を反射して熱を逃がすと、大人の言葉を覚えたのか学校で教わった […]

続きを読む

「Piece by Piece」とは

    「ピース バイ ピース」とは 「新聞やニュースを読んだ感想・意見」や「富士地域で暮らしているなかでの困りごとや提案」などについて、皆さんの声を募ってご紹介するという、地域コミュニティの言論ポー […]

続きを読む

「オーストラリア」からようこそ

  第21回  富士山を気軽に楽しむのであれば、登山シーズンの「少し前」がおすすめだ。具体的には富士宮口登山道五〜六合目の冬季閉鎖が解除されてから山開きまでの約1ヵ月間。下界よりも遅れて訪れる新緑のシーズンで、 […]

続きを読む

「水やり3年」といいますが そんなに待てないという方へ

  第24回 「水やり3年」といいますが そんなに待てないという方へ  今年は猛烈に寒かった冬がようやく終わったと思ったら、春が妙に短く、すぐに初夏、夏が来たという印象です。この原稿は、5月中旬の富士ばらまつり […]

続きを読む

能舞台から見る桜

  第3回 能舞台から見る桜  いつのまにか桜が散り、夏の気配を感じる季節になりました。今回は過ぎゆく春を惜しみまして、富士地区からも多数のお客様にモニターとしてお越しいただいた『奉納 靖國神社 夜桜能』を振り […]

続きを読む

「オランダ」からようこそ

  第20回  3月下旬、咲き誇る桜に心躍る季節だが、その反面、晴れていても富士山は霞んで見えない日が多くなる。この日も午前中は鮮明だった富士山の姿が午後にはうっすらとした輪郭だけになり、今にも消え入りそうだっ […]

続きを読む

植樹という被災地支援に物申す

  第23回 植樹という被災地支援に物申す  今年も3.11を迎えます。東日本大震災の発生以降、私は樹木に関する復興を支援してきたなかで、いろいろなことに出くわしました。被災地で塩害対策を行うために被災した学校 […]

続きを読む

「オーストラリア」からようこそ

  第19回  今年最初のこのコーナー、初詣に訪れた外国人旅行者を取材しようと1月初旬、富士山本宮浅間大社を訪れた。ところが、いつもは見かけるその姿が、この日に限ってなぜか皆無。「正月の神社は地元の人で混み合う […]

続きを読む

わずか六歩で旅行ができる、能の世界

  第2回 わずか六歩で旅行ができる、能の世界  あけましておめでとうございます。宝生(ほうしょう)流能楽師としての一年は、元日より始まります。流儀の長老から若手までが一堂に会し、宝生能楽堂のある東京・水道橋に […]

続きを読む